ポルシェカレラカップ参戦ブログ
2012年よりポルシェカレラカップに参戦! チームの状況をブログで発信します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Date : --.--.-- -- --:-- スポンサー広告| コメント:(-)|トラックバック:(-)
2連勝!!
みなさん、こんにちは。
GWの間の平日をいかがお過ごしですか?
この細切れのGWは渋滞や混雑がバラつくという利点もありますが、何ともなぁ〜ですね。せっかくの黄金週間はやっぱり長い連休の方がゴールデンに相応しい感じがするのは私だけでしょうか?


さてさて、富士大会についてのブログです。


決勝日の朝も、ホテルのカーテンを開けたら目の前に雄大な富士が佇んでいました。3日間、快晴で完璧な富士山。もぉ〜ね、朝から気分は↑↑です!!


大会2日目も、ポルシェセンター銀座・世田谷・目黒から沢山のお客様と社員の皆様にお越し頂きました。9時にお客様にご集合頂くことになって居たのでチームは他のチームより早めに出動。ドライバーと共に私が到着した際には既に和やかムードでmeetingをしておりました。


IMG_6837_size.jpg


初日はインタープロトの都合でホスピでの簡易トークショーに参加出来なかった黒澤スーパバイザーも2日目にはご参加頂き、すっかりホスピを独占。小河選手と黒澤スーパバイザーの熱いコメントに、皆さん温かいエールと拍手を贈ってくださいました。


IMG_6883_size.jpg


テントにこもっていると早々にレースモードに入らざるおえなくなってしまいますが、ホスピでお客様と和やかな時間を過ごす事で、ドライバーにとっても良い時間の過ごし方が出来ていた様に感じられました。お客様もレースの事に限らず、通常のドライビング等についてのご質問をしてくださり、有意義な時間となりました。


IMG_6892_size.jpg


さぁ、初めてのポールポジション
さぞやドライバーも緊張した事でしょう。


IMG_6893_size.jpg


11時半過ぎにピットロードへ移動。


IMG_6930_size.jpg


みなの緊張も高まります!!
そして、「1番」グリッドにて車の到着を待ちます。
この景色、幸せですっ。


IMG_6931_size.jpg


もう1つ幸せを感じる角度がこちら↓


IMG_6940_size.jpg


スタート直前まで、ドライバーと黒澤スーパバイザーは細かい打ち合わせを積み重ねます。


IMG_6952_size.jpg


予選でNEWタイヤ2セットを使ってしまった我々はUSEDタイヤでのスタート。後ろから追いかけてくる他のチームはみなNEWタイヤでの決勝となります!!タイヤの内圧調整を始め、車のセッティングについては準備完璧。あとは、ドライバーのドライビングテクニックで後ろを押さえてもらうしかありません。


諒、どうかスタートを決めてくれ(><)
みな同じ想いでスタートを待ち受けます。


11時55分シグナルが消え、ついに決勝がスタート。
よし、いいぞ。
諒くん、いいスタートを切り、1コーナーへTOPで進入していきました。


後方では接触が相次ぎ、1Lap目から順位が変動していきます。


TOPを走る我らが小河諒と、#78近藤翼選手は終始テール・ツー・ノーズのバトルを展開。両者の差はわずか0.3秒。追いかける近藤選手がコーナーごとにマシンをゆさ振ってプレッシャーをかけ続けてくる中、諒君は冷静に対応、TOPを死守し、見ごたえのある攻防を展開。セクター1・セクター2で少し離し、セクター3で追いつかれ、ストレートで離れる…という展開の繰り返し。




10周以上に渡って続いた息もつかせぬ首位争い。
見ているこちらは長い長い。
運転しているのも長いですよと言ってましたが、予選の30分と決勝の30分ってどうしてこんなにも体感時間に差があるんでしょうか…。



あと数周でチェッカーを向かえる13周目。近藤選手が小河選手のインを突いて一瞬トップに踊り出ます。


一瞬私、呼吸の仕方を忘れました。
…。
…。


しかし、状況を冷静に見極めていた諒君。
近藤選手が止まり切れずにいる中、クロスラインで近藤選手を冷静に抜き返して首位を奪還。そのまま逃げ切り、TOPでチェッカーを受け2連勝(^o^)v


応援に駆けつけて下さった多くの方々がみんなサインガードに出て、チャッカーを受けた小河選手を笑顔で迎えてくださいました。ありがとうございますm(__)m


我らのドライバーながらも、諒君がなんだかおっきく感じました。
2日前の練習走行からのタイムの縮みようったらもぉ。
プレッシャーもいっぱいだったはずだし、うちだけUSEDだし、ずっとベッタリ後ろにつかれてしんどかったはずなのに、あの状況でのあの冷静な判断。


りょう、「成長」してる(笑)


何事も無く無事に1位をまもった訳ではありません。


テスト走行・予選・決勝それぞれに、
それはもぉドキドキ・ハラハラする瞬間が沢山ありました。
だからもぉ、感動ひとしお。


IMG_6984_size.jpg
サングラスの奥が濡れている代表


IMG_6973_size.jpg
喜びを体中で表現するチーフメカ


IMG_6974_size.jpg
たくぼっちと杉さんもうれしそ〜


IMG_7009_size.jpg
もちろん黒澤スーパバイザーも


IMG_7044_size.jpg
ワイン会でお世話になった関谷監督も


もぉ〜ね。
出来すぎですね。


予選、コースレコードでのポール獲得。
決勝、ファステストラップ獲得での優勝!


「育成」を今シーズンのテーマに掲げたブライトに取って、本当に出来すぎの内容です。


それもこれも、
応援してくださるお客様、
協力してくれるポルシェセンター社員、
御殿場の仲間達、
PCCJの仲間達、
みなさんのおかげです。


そして、
去年のデータを残してくださり、
時間があれば毎大会テントを覗きに来てくださる、
山路さんと山野さんのおかげです。


もちろん、チーム全員の努力の成果です。


この勢いを保ち、これからも我々は上を目指します。


みなさん、是非サーキットまで遊びに来てください。
この熱い戦いを是非一緒に!!


表彰式の模様はまた後日お届けします。









スポンサーサイト
Date : 2013.05.02 Thu 11:40 未分類| コメント:(0)|トラックバック:(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。